115☆衛生数値徹底チェック

115衛生数値 徹底チェック

覚えた知識に磨きをかけて!

今の国試は外科と衛生が苦手なままでは合格できません。特にたいへんなのが衛生で出てくる数値。統計値などは理屈ではなく、ひたすら覚えるのみなのでここを苦手とする受験生はかなりいます。

逆を返せば、皆が苦手とするところだからこそ、しっかりやれば差がつきます。思考力を問われる問題が多い現在の歯科国試で、きちんと覚えていれば確実に取れる問題は、努力がそのまま結果につながります!!

さて、そういったことをすでに意識して、暗記をコツコツと続けてきた人もきっといるでしょう。けど、悲しいことに人間は忘れる生き物。せっかく覚えたなら、忘れているもの、あやふやになっているものが無いか、本番に向けてしっかり見直していきましょう。

衛生数値徹底チェックの問題

・問題はTwitterで配信します

問題解説

問題を解いたらTwitter投稿のリンクから解説にアクセスしてください。自動的に該当問題の解説に移動します。

統計調査

問1 正解:b

年齢の3区分は以下のように分けられています。

・年少人口:0〜14歳
・生産年齢人口:15〜64歳
・老年人口:65歳〜

問2 正解:c

日本の老年人口(2019)は約3600万人です。
2000年に約2200万人、2010年に約3000万人と増加し、2040年には約3900万人になることが予想されています。

問3 正解:a

日本の合計特殊出生率(2019)は1.36です。

【合計特殊出生率】
一人の女性がその年齢別出生率で一生の間に生むとしたときの子どもの数に相当
→総人口の増減を予測できる

問4 正解:b

学校保健統計調査(令和元年)における12歳の永久歯の一人あたり平均う歯数は0.7本。過去最低を更新しました。

問5 正解:b

医療施設調査(2019)における歯科診療所の数は68,500施設でした。
【参考】
病院:8,300施設
一般診療所:102,616施設
医療施設総数:179,416施設

問6 正解:b

歯科疾患実態調査(H28)において「5歳でう歯のない者」の割合は約60%です。

問7 正解:b

歯科疾患実態調査(H28)で「う歯を持つ者の割合」は以下のようになります。

15〜19歳:約50%
20〜24歳:約80%
30〜34歳:約90%
85歳〜:約70%

20歳で50%を越え、30歳で90%を越え、55歳ごろから歯の喪失に伴い減少すると、おおよその目安を覚えておきましょう。

問8 正解:a

歯科疾患実態調査(H28)で8020達成者の割合(推計値)は51.2%となり、はじめて半数を越えました。

問9 正解:c

歯科歯科疾患実態調査(H28)で「4mm以上の歯周ポケットを持つ者の割合」が約50%なのは45〜54歳です。

【4mm以上の歯周ポケットを持つ者の割合】
15〜24歳:約20%
35〜44歳:約40%
45〜54歳:約50%
65〜74歳:約60%

問10 正解:c

歯科疾患実態調査(H28)で「毎日2回歯を磨く者」は49.8%です。
【参考】
・毎日1回歯をみがく者の割合:18.3%(減少傾向)
・毎日2回歯をみがく者の割合:49.8%(増加傾向)
・毎日3回以上歯をみがく者の割合:27.3%(増加傾向)
※毎日2回以上歯みがく者の割合:77.0%(増加傾向)

関連法規・制度

問11 正解:b

主な医療職種の就業者数で最も多いのは看護師(約120万人)、ついで医師および薬剤師(約30万人)です。
【参考】
医師   : 約32万7千人
看護師  :約121万9千人
歯科医師 : 約10万5千人
歯科技工士: 約3万4千人

社会保障

問12 正解:c

医療保険の一部負担金ですが原則は3割。例外は以下のようになります。
・義務教育就学前:2割負担
・70〜74歳:2割負担
・75歳以上:1割負担
※ただし70歳以上でも現役並み所得者は3割負担

問13 正解:a

まず分類から見直しておきましょう。
医療保険は大きく分けて被用者保険(職域保険)と地域保健にわかれます。それぞれの加入者数は以下のとおりです。
■被用者保険
・全国健康保険協会管掌健康保険:3700万人
・船員保険
・共済保険:900万人
■地域保険
・国民健康保険:3500万人
・後期高齢者医療制度:1600万人

問14 正解:c

後期高齢者医療制度の対象者は原則として75歳以上です。ほぼ全員正解できたと思いますが、超頻出なので迷ったり間違えた人は周辺知識も含めて見直しておきましょう。

問15 正解:c

後期高齢者医療制度の財源は以下のようになります。
・公費(税金)5割
・国保・被用者保険(現役世代)からの支援金 4割
・高齢者の保険料 1割

問16 正解:b

介護保険制度における第1号被保険者は65歳以上、第2号被保険者は40〜64歳となります。

問17 正解:c

介護保険制度の財源は以下のようになります。
・公費(税金):5割
・保険料:5割

問18 正解:b

わが国の社会保障給付費総額は約115兆円です。
【+α】
・高齢化により社会保障給付費↑
・国民所得(389兆円)が伸びていないことから対国民所得比は↑↑↑

問19 正解:c

介護保険給付費は10.5兆円。ついに10兆を越えたと新聞等でも取り上げられました。

問20 正解:a

わが国の国民医療費は43兆4千億円です。

問21 正解:b

歯科診療医療費は2兆9,579億円。国民医療費における構成割合は6.8%です。

問22 正解:c

制度区分別国民医療費は以下のようになります。
・公費負担医療給付分は3兆1,751億円(構成割合7.3%)
・医療保険等給付分は19兆7,291億円(同45.5%)
・後期高齢者医療給付分は15兆576億円(同34.7%)
・患者等負担分は5兆4,047億円(同12.5%)

問23 正解:d

国民医療費の財源は以下のようになります。
・公費は16兆5,497億円(構成割合38.1%)
 国庫は10兆9,585億円(同25.3%)
 地方は5兆5,912億円(同12.9%)
・保険料は21兆4,279億円(同49.4%)
 事業主は9兆2,023億円(同21.2%)
 被保険者は12兆2,257億円(同28.2%)
・その他は5兆4,173億円(同12.5%)
 患者負担は5兆1,267億円(同11.8%)

地域保健

問24 正解:b

保健所の常勤職員は以下のようになります。
【保健所の常勤職員数 2019】
 医師 728人
 保健師 8327人(最多)
 薬剤師 2904人
 獣医師 2253人
 歯科医師 80人
 歯科衛生士 327人

問25 正解:b

健康日本21(第二次)における「80歳で20歯以上の自分の歯を有する者の割合の増加」の目標値は60%です。

↓こちらの問題とも関連付けて覚えておきましょう!ちなみに解答は51.2%(選択肢a)です。

https://twitter.com/dental_orange/status/1455010293919092737?s=20

問26 正解:d

健康日本21(第二次)における「60歳代における咀嚼良好者の割合の増加」の目標値は80%です。

母子保健

問27 正解:b

未熟児養育医療給付事業の対象は「出生時の体重が2,000g以下」です。市町村への届け出が必要な低体重児の基準(体重が2,500g未満の乳児)と異なるので注意しましょう。

成人保健・高齢者保健

問28 正解:c

特定健診の対象は40〜74歳です。

問29 正解:b

メタボリックシンドローム該当者の判定基準は「腹囲」と「2つ以上の追加リスク」です。

【メタボリックシンドロームの判定】
腹囲 ≧85cm(男性)、≧90cm(女性)
 追加リスクが2つ以上:メタボリックシンドローム基準該当者
 追加リスクが1つ該当:メタボリックシンドローム予備軍該当者

問30 正解:d

自立支援医療の対象者は大きく分けて、「精神障害者」と「身体障害者・児」となります。更生医療はこのうち18歳以上の身体障害者を対象とします。
【自立支援医療の対象者】
1 精神障害者
2 身体障害者・児
 ①更生医療:18歳以上
 ②育成医療:18歳未満

国民栄養

問31 正解:b

不足のリスクが0.025、つまり対象となる人々のほとんど(97〜98%)が1日の必要量を満たすと推定されるのは推奨量です。

問32 正解:d

食事摂取基準における目標BMIは以下のようになっています。高齢者では低栄養の予防と生活習慣病予防の両者に配慮が必要です。
・18〜49歳:18.5〜24.9
・50〜64歳:20.0〜24.9
・65〜74歳:21.5〜24.9
・75歳以上 :21.5〜24.9

問33 正解:d

身体活動レベルが「ふつう」の成人(30〜49歳)は推定エネルギー必要量が
・男性:2700kcal(75歳以上で2100kcal)
・女性:2050kcal(75歳以上で1650kcal)
となります。

身体活動レベルごとの推定エネルギー必要量を表まるごと覚えるのは大変だし、その手間をかけるほどのリターン(出題頻度)はありません。
上記の数字を覚えておいて、もし出題されたら、身体活動レベルによって250〜300kcalを増減し、おおよその推定エネルギー必要量を考えましょう。

問34 正解:b

現在習慣的に喫煙している成人は16.7%(男性27.1%、女性 7.6%)。有意に減少しています。

問35 正解:c

「何でもかんで食べることができると回答した者」の割合は75.0%でした。

問36 正解:c

左右両方の奥歯でしっかりかみしめられない者は60歳代で45.8%でした。70歳代以上で43.3%と近い数値になっていますので、45%前後とまとめて覚えておきましょう。

歯科法医学

問37 正解:c

法的な脳死判定における深昏睡はJCSで300、GCSで3 が基準となっています。

環境保健

問38 正解:c

大気中の二酸化炭素濃度は0.04%(400ppm)です。

問39 正解:c

室内環境の環境衛生管理基準で一酸化炭素含有量の基準は10ppm以下と定められています。

問40 正解:d

室内環境の環境衛生管理基準で二酸化炭素含有量の基準は1000ppm以下と定められています。

予防歯科

問41 正解:d

ブラッシング時の力は200〜300gfが適切です。

問42 正解:b

歯質の脱灰が生じる臨界pHは
・エナメル質:5.5以下
・象牙質:約6
となっています。

問43 正解:d

飲食物のpHは
・緑茶 約6
・黒酢、白ワイン、オレンジジュース 約3
・コーラ 約2
となっています。臨界pHを基準に分けて覚えておきましょう。

問44 正解:a

WHOが推奨する水道水フッ化物濃度は0.5〜1.0ppmです。

問45 正解:b

日本の水道水水質基準ではフッ化物イオン濃度は0.8ppm以下と定められています。